遠距離恋愛の果て別れた元彼との復縁をメールで成功させる方法

参照サイト:よりを戻す.jp

恋愛は始めた頃は幸せすぎて、このまま今の幸せが続くと思い込んでしまいますが、世の中そうそう甘くはなく、恋愛には必ず終わりが来ます。

普通の恋愛でも付き合い始めてから、恋愛関係を継続させていく事の方が難しいのですから、遠距離恋愛はその何倍も難しくなってきます。

遠距離恋愛の果てに別れようと言われた場合、または別れて後悔し今からでも関係を修復させたいと願うなら、一体どのような事をすればいいのでしょうか?

遠距離破局の第一歩

別れを後悔しているなら、何が原因だったのか考えよう

遠距離になったきっかけが、元彼や自分の転勤だったり、進学で地元を
離れてしまったことなどで、心ならずとも遠距離恋愛になってしまった場合、最初は「私達ならきっとやっていける」と思っておいても、実際の遠距離恋愛はそう簡単ではありません。

恋愛はただ自分が相手の事を想っていたとしても、相手に自分の心が伝わっていないと全く意味がありません。

大好きなのだから判ってほしい・許して欲しいなんて察してちゃんでは、相手も自分もいくら好き会っていても、関係はもろくも崩れてしまうのです。

恋愛には定期的に相手に「充実感」を与えることが重要ですが、遠距離恋愛中に自分は相手に充実感を与えることができていたかどうか、会えない気持ちでイライラし元彼に当たっていなかったか?など、自問自答して遠距離恋愛が上手くいかなかった原因を振り返ってみる必要があります。

遠距離恋愛からの復縁にはコレが重要

まずは冷静な気持ちを取り戻す

男性は女性の金切り声や取り乱した姿が大嫌いです。

遠距離恋愛ならなおさら声のみでしか相手の事を知ることができませんが、別れを告げられた後、電話の向こうで「あんなに好きって言ったくせにっ、嘘つきっ」などののしったり泣いたりされると、自分が振った罪悪感と自分が知っていた彼女の態度が急変し、このような醜い姿を見せられてしまうと、好きだった気持ちもどこかに行ってしまいます。

別れを切り出された時もそうですが、彼へ連絡をする際でも絶対に彼を責めたり泣いたりしてはいけません。気持ちを落ち着け冷静な気持ちで連絡を取ることが大切です。

しばらくは自分の時間を満喫し、冷却期間を置こう

別れを経験し、彼にすぐにでも連絡を取りたいと思うかもしれませんが、別れて1ヶ月〜半年はきっぱりと連絡を取るのはやめましょう。

彼はあなたとの別れで罪悪感や開放感などの複雑な気持ちを抱えていますので、いきなり連絡をして彼の気持ちを乱しても、ますます復縁への道は遠ざかってしまいますので、連絡を取らず円満に別れた場合には1〜3ヶ月、ケンカ別れなら半年程度は冷却期間を置きましょう。

遠距離からの復縁はメールで

連絡は電話ではなくメールが良し

好きな人の声を聞きたい、話をしたいと思うかもしれませんが、遠距離恋愛までして付き合っていたのに破局し、彼にはまだ元彼の生の声はキツいかもしれません。

メールなら内容を十分に練ってから送ることができますので、後悔することも少なくなりますので、まずはメールで彼の気持ちを探ります。

送るメールの内容はどんなものがいいの?

彼の状態が今どのようなものなのか、遠距離ではなかなか掴むことができませので、まずはあたりさわりないメールを送り、そのメールに返信してくれる速さなどを参考にし、次のメールの内容を決めていきます。

復縁メールでは「別れて淋しい」「会いたい」という未練を感じさせるメールを送るのは絶対NG。下手に送るとまだ未練があると思われてしまい、返信が来なくなることがあるので、最初は別れた後の近況や最近の自分の近況など、恋愛のレの字もないような文面のメールを送ります。

ただし、メールの内容は前向きな気持ちだったり、明るい自分などの内容でないと、ただの重い女からのメールになってしまいます。

その他でも注意すべき点では、あまりも長すぎる文面では、最初の1通は読んでくれるかもしれませんが、何度も長いメールが来ると返信が面倒くさくなり、やがては音信不通になる恐れがありますので注意しましょう。

おわりに

遠距離恋愛の破局は、相手や自分の気持ちを信じていただけに、敗れてしまった後は地味にダメージを引きずってしまうことがありますが、何度考えても元彼と復縁をしたい場合には、短期で復縁を目指すのではなく、じっくりと腰をすえた長期での遠距離恋愛からの復縁を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です