電話占いのお陰で外国人の彼に通じた私の想い

期間限定の研修生としてオーストラリアからやってきた彼。
いつもは本社で研修を受けるのですが、今回は私がいる支社での研修が決まり、出会ったのです。
背が高く、クリッとカールした柔らかそうな髪、青い目。
笑顔が素敵な彼に、言葉どおりの一目惚れをしてしまいました。
マンガだったら、目がハートになっていたことでしょう。
大学で英語の講義を受けていたという理由だけで、彼のサポートを仰せつかりました。
他の女性社員からあからさまに羨ましがられたので、嬉しさを表には出せず、思いっきりクールを装いましたが、これから3ヶ月間は彼と一緒だと思うと、天にも昇る気持ちになったのでした。
彼は日本語がまったくわからないので、仕事以外にもサポートを求められました。
だから、休日に案内という名目で毎週のように出掛けるようになったのです。
彼は本当に優しくて、私に対しての気遣いも本当に温かいものを感じました。
見た目も良く、内面も素敵な彼をどんどん好きになってしまったのです。
3ヶ月の研修はあっという間でした。
最後の日。
私は彼を空港へ送って行き、思わず泣いてしまいました。
すると「あなたが望むなら、オーストラリアで待っている」という言葉。
でも泣きすぎて、その言葉の意味も確認しないままに彼は出発してしまったのです。
その後は寂しすぎて、脱力の日々。
上司までもが気を使って、「しばらく休んでもいいよ」と言う始末。
これじゃいけないと思いながらも、涙が出てしまうのでした。
せつなくて、誰かに相談せずにはいられなかった私は多くの友人に悲しみを訴えました。
残念ながら、全てのアドバイスは同じ。
「忘れた方がいいよ」
それでも諦め切れなかった私は、思い切って電話占いを頼ることにしたのです。
タロット占いを選び、占い師さんに彼との出会いのすべてを聞いてもらいました。
電話占いは初めてでしたが、占っている最中などは会話が途切れて、少し間が空くので緊張します。
そして、言われた言葉は思いがけず、最高の言葉でした。
「彼はあなたを待っています」
もちろん、彼が空港で言ってくれた言葉は覚えています。
でも、それに縋っていいのかまったく確信が持てなかったのです。
そこで決心をし、彼のオフィスに電話をかけてみることに。
彼に繋がり、私だとわかった後の最初の言葉は、「やあ、休暇が決まったのかい?」
やっと安心しました。
その後はメールのやり取りで、彼から「距離はあっても大切にする自信がある」と。
あのまま悩んで終わっていれば、いまの幸福を感じることなく過ごしていたはず。
勇気を出して電話占いに頼って大正解でした。
言葉に背中を押されるって、本当にあるのだと実感。
顔を見せなくて済む電話占いというのが私にはピッタリでした。
とても感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です