不安感や辛い気持ちは復縁のチャンス!

人は、寂しくなったり不安になると寄り添う人が欲しくなるもの。
一度は気持ちが離れた相手でも、時間を置いたり環境が変わることで復縁を考えるのは自然なことです。
気持ちがブレることに対して否定的になる必要はありません。
正直に、自分の気持ちに対して取り組むほうが前向きな人生と言えますよね。
とはいっても、復縁は相手のあることですから、大事なポイントがたくさんあります。
正に、復縁チャンスを活かせることが秘訣といってもいいでしょう。
いくつかのプロセスに分けて復縁について考えてみましょう。

復縁の意思を固めよう

東日本大震災の後、結婚や復縁を考える人が増えました。
不安や寂しさを冷静に見直したり、家族の大切さを考えさせられる機会が増えると、人は寄り添える人を真剣に考えます。
常にこのような心境に立てれば理想ですが、なかなか難しいのも現実。
特に、経済的に自立している女性は仕事に追われており、本当の心を見失ってしまうものです。
心を忘れると書いて「忙」という漢字になりますが、こんなところからも、人々が昔から同じことを感じていたことが窺えます。

人生のパートナーがいることは素晴らしいことです。
まずは、最も上手くいっていた頃や、復縁後のイメージを具体的に描いて、意思を固めることから始めましょう。
スピード復縁が無いわけではありませんが、一般的に復縁には時間がかかるものです。
焦らずに、まずは復縁する決意をすることが大事です。

相手の気持ちを考える

相手がいることですから、当然にあらゆるタイミングが重要になってきます。
冷却期間や付き合いの長さによっても、様々なケースがあると思います。

自分がいくら寂しくても、相手は寂しさを感じていない時期かもしれません。
スポーツをしたい人に、「図書館に行こうよ」と誘ってもOKはもらえない可能性が高いのと同じ。
もし、気持ちを察して「ボーリングでも行こうよ」と誘えば成功率が高まります。
このように、タイミングは最も重要な部分と考えるべきです。

会うタイミングと回数を考える

相手の気持ちを考えるためには、相手の状況を知ることが大事です。
お金をかけて探偵を雇えれば苦労はありませんが、それでも気持ちの中までは探偵も調べようがありません。
また、別居状態になっている場合は、お互いの生活環境も大きく変わっているはず。
不仲の原因や、子供の有無などによっても様々な障害があるのは当然です。
だからといって、諦めるのは早すぎます。
今はタイミングが合わないだけかもしれませんし、障害を取り除ける時期が来るかもしれないからです。
決意を固めたからには、継続的に時間をかけて幸せに向かって頑張りましょう。

では、タイミングを合わせるには具体的にどうしたら良いでしょうか。
それには、自然な形でのコンタクトやアポイントを取ることです。
例えば、別れた相手から「話があるから二人で会おう」と誘われたらどうでしょうか。
こちらに復縁の気持ちがあれば即答でOKできるでしょうが、気持ちが離れた状態では「会いたくない」と感じるのが自然です。
気持ちに距離がある状態なら、メールやLINEから始めるほうが良いケースもあるはず。
全く恋愛や交際とは関係のない内容で、忘れた何かを聞く内容だったりすれば、警戒されずに返事がもらえる可能性が高まります。
「忙しいところごめんね。あの時に行ったお店、なんて名前だったか教えてくれる?」といった内容なら、相手も答えてくれる確率が高いのではないかと思います。その後、また一緒に行けることになれば最高の展開ですね。

このように、相手に警戒されないような形で回数を重ねていき、お互いが寄り添えるタイミングを計れれば理想的です。
具体的な手段やアイデアはたくさんあるはずですから、ここに時間をかけて良いスケジュールとストーリーを描きましょう。

終わりに

寂しさや不安な気持ちが募ったら、それは復縁のチャンスと考えて決意を固めましょう。
相手にもそんな時期は必ず来ます。

復縁には、それぞれベストなアプローチ方法があり、その内容とタイミングはそれぞれ異なるはずです。
自分の考えを客観的に判断してもらうことも大切ですから、友達の意見や専門家の意見を聞くことが近道かもしれません。
複雑な事情がある場合ほど、独りで悩まず、アイデアや客観性を外部に求めることが肝心です。
まずは、復縁活動を支えてくれるパートナー探しから始めるのも良いかもしれませんね。
一度成功した相手です。きっと改善できると信じて頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です